(不)完全なる世界

ダブルクロス3rd(TRPG)が主成分。咲(特に鶴賀)が副成分な、趣味丸出しのブログ。 当ブログではダブルクロスに対する質問や考察の募集をしております。ダブルクロスでまどか・マギカステージ展開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミガカリと不思議なマルノウチスゴイタカイビル01

「PC作成時にアイテムが素手しかない。武装伝奇RPGなのに武装が無い?おかしいと思いませんか?あなた」

シナリオ「カミガカリと不思議なマルノウチスゴイタカイビル」のシナリオ準備についてです。
(今回はPLが見てもシナリオネタバレにはなりません)


 まずは基本ルールブックP181を参照重点。

1.「ニンジャスレイヤー」を読む
 ニンジャスレイヤーとの決断的コラボレイションなので、当然読んでカラテとアトモスフィアを高めておく必要がある。もちろん全部読む必要はなく、主に背景および今回の敵でもある「第一部、ネオサイタマ炎上」時代のソウカイニンジャについての確認を重点しておく。いわゆる忍殺語も確認できればなお良し。
 ちなみにこのシナリオは「スシ・ナイト・アット・ザ・バリケード」終了から「デッドムーン・オン・ザ・レッドスカイ」開始までの間の時期を想定している。これはシナリオ上に出てくる敵とニンジャスレイヤー対ソウカイヤの状況に矛盾が起きない為である。

2.ルールブックを読む
 ルールブックに書かれていること以外にも魔境討伐ルールを使用するので、そのあたりもチェック。また魔境シナリオ及びこのシナリオ専用のルールがあり、それによって取得の意味がほとんどないタレントもあるので確認する。

今回のシナリオで取得が推奨されない《タレント》
1:[登場判定]に成功するタレント
2:一般人を操作するタレント
3:姿を変えるタレント
4:買い物をするタレント
5:武器防具の装備に関するタレント

6:攻撃の距離を変更するタレント
7:移動する、移動させる、配置させるタレント
8:行動を割り込みするタレント
9:移動に関するペナルティを無くすタレント
10:障害物を創る、壊す、利用するタレント

 ちなみに6~10は「簡易戦闘ルール(私が今回のシナリオでの戦闘時間を短縮するために考えた戦闘ルール)」を使用しない場合関係ない。簡易戦闘ルールの詳細については別の機会に説明する。

3.楽しむ気持ちを持つ
 ルールブックに書いてあること以外にも、ニンジャスレイヤーについて価値観を押し付けたりせず、多少歪んだニンジャスレイヤー像を語られても奥ゆかしく対応する気持ちを持つこと。

4.用具を準備する
 ルールブックに書いてあること以外にも、「ニンジャスレイヤー」の物理書籍があれば用意すべし。

5.体調や身だしなみを整える
 あなたが太古の暗殺術「チャドー」に精通しているなら、チャド―呼吸は実際体調を整えるのには有効である。また身だしなみについてだがニンジャ衣装とメンポを装備して会場に向かってはいけない。会場でのコスプレ禁止以前の問題でコンベンションやセッションに参加ができなくなる。

6.GMの準備&当日の準備
 当然GMは「カミガカリと不思議なマルノウチスゴイタカイビル」に使用されるルールやチャート、シートなどを用意しなければいけない。これは徐々に公開していく。なお、魔境シートについては通常4枚、最低2枚必要である。

7.シナリオ概要の発表
 「これまでのあらすじ」参照。

8.ハンドアウトの発表
 魔境討伐シナリオなので、全員共通である。
カミガカリとマルノウチスゴイタカイビル:ハンドアウト

9.PCの作成
 もしサンプルキャラクターを使用する場合、基本バランス重点だが最低一人は「巨人殺しの英魂」を推奨する。それ以外については魔法タイプはメンバーの中で1人いればいい。
 さて、今回PC作成時に入手できるアイテムは素手だけである。装備中のアイテムも常備のアイテムも消耗のアイテムも一切なく、所持金もない。
 ちなみに「表の職業」の何を選んでもアイテムは手に入らないし、『実業家』を選んでも効果を発揮できないし『ドライバー』の効果も期待できない(『医者』『土地神』の効果は発揮できる)が、判定の都合上キャラクターが苦手な能力値の達成値が上がる表の職業を選ぶことを推奨しておくこと。
 また、《タレント》の中には特定の装備が無ければ使用できない代物も多々あるが、それについてはシナリオ中問題なく使用できるようになるから、気にせず称号やタレントを選ぶよう、また「2.ルールブックを読む」で伝えた推奨されない効果のタレントを選ばない方が良いことを伝えることを忘れないように。サンプルキャラクターについても同様で、該当するタレントを持っている場合変更を促すこと。

10.席順の決定
 このシナリオについては特に指定はない。好きなように座ってもらえばいい。あえて言うならルールブックなどを持ちルールに精通しているプレイヤーをそうでないプレイヤーの隣にするのが良し。

11.感情を結ぶ。
 ルールブックに書いてある通り。またこのシナリオは魔境討伐シナリオなので、魔境に入る際にすべての感情が結ばれる。

12.自己紹介
 ルールブックに書いてある通り。GMはこの自己紹介を参考にそのカミガカリがどのような理由で依頼されたかを吟味あるいはプレイヤーと軽く話し合うこと。

13.初期霊力の決定
 ルールブッ(略)


以上で「カミガカリと不思議なマルノウチスゴイタカイビル」のセッション準備は完了である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://26zeffiris.blog4.fc2.com/tb.php/452-84b5d8c2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

T-H

最近の記事

フリーエリア

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。