FC2ブログ

(不)完全なる世界

ダブルクロス3rd(TRPG)が主成分。咲(特に鶴賀)が副成分な、趣味丸出しのブログ。 当ブログではダブルクロスに対する質問や考察の募集をしております。ダブルクロスでまどか・マギカステージ展開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マギカステージ新編 概要

これはマギカステージ新編の概要です。
※1:この概要は「劇場版 魔法少女まどかマギカ新編:反逆の物語」の新資料(コミック、インタビューなども含む)によって更新および変更されるかもしれません、予めご了承ください。
※2:マギカステージ新編は「劇場版 魔法少女まどかマギカ新編:反逆の物語」後のステージです。従来のマギカステージ、マギカステージ改と直接つながっているわけではない事をご了承ください。

(1月1日 詳細を修正)

ステージ名
 マギカステージ新編


ステージ概要
このステージの時期は見滝原中学校にアメリカ帰りの少女が転校してきた日から、およそ1月ほどたった頃を想定している。

魔法少女になるまで
 “契約依頼者”キュゥべえが素質のある少女相手に願いを叶えると同時に魔法少女として覚醒させます。少女の願いは契約もしくは魔法少女の力によって叶えられ、代償に魔獣やナイトメアと戦う宿命を背負わされます。


魔法少女契約
 魔法少女になれる素質があるのは第二次性徴期の少女、その中でもごく限られた存在です。キュゥべえは素質ある少女を見つけると魔法少女になるよう勧誘します。
 キュゥべえはその際、以下のような事実を少女に伝えます。ただし少女の命が失われる直前などの非常時には、これらの説明を短縮し契約を迫る場合があります。
・魔法少女になる際、祈りによって願いがかなう。
・願いは本当に叶えたいと思っている願いはかなう。ただしあまりに大それた事を願ったり才能が願いに釣り合わない場合、願いが完全にかなわず歪んだ形になる可能性もある。
・願いをかなえる代償として、魔法少女は生涯魔獣やナイトメアと戦う宿命を課せられる。
・戦いは死ぬか円環の理に導かれ消滅するまで続く。
・魔法少女になる際魂をソウルジェムに移すので、大切にすること。
(最近勧誘を受けた少女には以下の説明が追加されます)
・円環の理に導かれた魔法少女は円環の眷属として再びこの世にあらわれ。魔法少女達の敵となる。

魔法少女とソウルジェム
 魔法少女は契約の際ソウルジェムという宝石を入手します。
 魔法少女はソウルジェムによって魔法少女の姿に変身します。また基本技術として念話を行う事ができます。
 ソウルジェムは己の魂が込められているだけでなく、魔獣やナイトメアの魔力の痕跡を辿ったり、魔法の行使など魔法少女として必要不可欠なアイテムである上にあまりに離れすぎると体のコントロールを失う危険もあるので、肌身離さず持つ必要があります。
 またソウルジェムは指輪に変形させることもでき、変身時は肉体に付着します。

・魔法少女の詳細

魔獣
 人々の負の感情が形となり人々を襲う魔力的存在です。魔獣は人々の感情を吸い取り、やがて廃人にしてしまいます。常人では魔獣が近づくだけで意識が朦朧となり、立ち向かえるのは魔法少女(と、ごくわずかな例外)だけです。
 魔獣を倒した場合、キューブ状の小さい物体『グリーフキューブ』を落とし、それは魔法少女の穢れを若干落とします、またキューブはキュゥべえが求めているものでそれを渡すと恩恵を与えてくれます。その恩恵は人によって様々ですがそれによって実社会から魔法少女の正体を隠蔽できたり、たとえ身寄りが一切なくとも恩恵によって最低限の衣食住を確保し生活することもできます。

・魔獣の詳細

ナイトメア
 特定の個人の思念に取りつき、犠牲者を悪い夢の世界に取り込む魔法的存在です。悪い夢を見続けた犠牲者は活力を失い、やがて生きる意欲を失う危険もあります。犠牲者を救うにはナイトメアの作った空間に飛び込み、そこで夢の魔法によってナイトメアを昇華し、悪い夢を良い夢に変える必要があります。

・ナイトメアの詳細

魔法少女の主な目的
・人の魂を奪う存在である魔獣を退治する。
・魔獣が持つグリーフキューブを収集する。
・ナイトメアを昇華する。
・自身のソウルジェムを曇らせないようにする。
・円環の眷属の討伐

キュゥべえ
 魔法少女に契約を依頼する謎の生命体です。魔獣を倒しナイトメアを昇華させる存在である魔法少女を誕生させることができます。通常では実現不可能な願いを叶えることもでき、また思春期の少女を魔法少女にさせる事が出来きるので何らかの力を行使することができるようです。
 キュゥべえの姿は一般人には見えません。彼自身も念話を行う事ができ、遠く離れた相手にも伝える事ができます。また、グリーフキューブを取り込むことができます。
 彼は魔法少女に対し協力的で、必要があれば魔法少女のケアやサポートなどを行います。


魔法少女と侵食率
 侵食率はマギカステージでは、己の魂そのものであるソウルジェムの輝きの一時的な穢れ具合、ジェム汚染の侵食状況として捉えます。ルール上は侵食率のまま扱い、システムそのものの変更はありません。
 ジェムの汚染具合は主に魔法少女として力を使ったり(変身やエフェクトの使用)、魔の存在による力の揺らぎ(シーン登場)、魔法少女の精神的ショックおよび強敵の登場(衝動判定)によって侵食率同様数値を上げます、ある程度の汚れは限定的に魔力を増幅させる効果(侵食率によるエフェクトレベル上昇やダイス数増大)がありますが、一定時間経過してもソウルジェムの穢れがある範囲まで戻らなければ(ルール的にはバックドラック時に最終的に侵食率が100%未満にならない場合)キャラクターは円環の理に導かれ以降プレイヤーはこのキャラクターをPCとして使う事ができなくなります。


魔法少女と《リザレクト》
 魔法少女はソウルジェムを通して体を操ることで痛覚を遮断でき瀕死の状態になっても活動ができます。また、死に繋がる致命的なダメージを受けた時、半自動的に魔力を使って体を修復する機能《リザレクト》も持っています。ただし再生能力はソウルジェムの汚染が100%以上になった場合は発動しません。


円環の理
 魔法少女がソウルジェムの穢れを一定期間取る事が出来なかった場合、ソウルジェムの穢れは二度と取ることができなくなります。そして穢れきったソウルジェムとその魔法少女は突如桃色の光によって跡形もなく消滅します。
 この事象は“円環の理”と呼ばれ、抗える魔法少女は存在しません。
 そしてその後、光と共に“円環の眷属”として導かれた魔法少女がこの世に帰還し、魔法少女の敵となります。

・円環の眷属の詳細


魔法少女とロイス、タイタスと昇華
 ソウルジェムの一時的な汚れを浄化するために最も必要なのは魔法少女がもつ他者との繋がり、すなわちロイスです。確固たる絆に揺るぎない意志がソウルジェムを穢れから守り、逆に絆を失い精神の平衡を崩せば、加速的に穢れが広がります。
 魔法少女もロイスを失えばタイタスになり、それを昇華する事でさらなる力を得ることができます。


魔なる者
 魔法少女以外で魔法を使える存在の総称です。彼らはある事情や事件によって覚醒した超常的存在です。その数は魔法少女よりさらに少なく、実力も平均的には魔法少女より劣ります。ただし魔なる者は魔法少女と違い老若男女と幅広く、魔法の力を利用し社会で高い地位を得たりなど中々に厄介な存在です。

・魔なる者の詳細

魔を司る者
 魔を司る者は正体不明の少女です(魔を司る者と遭遇しても、どんな姿をしていたか後から思い出すことも後で認識することもできず、あらゆる魔法や機械によって正体を記録することはできません)。魔を司る者は強い欲望を持った者に祝福を与え、それによって生み出された存在は“魔なる使徒(マスターレイス)”と呼ばれ、欲望を叶えるために力を振るい続けます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://26zeffiris.blog4.fc2.com/tb.php/423-39b7180c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

T-H

最近の記事

フリーエリア

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。