(不)完全なる世界

ダブルクロス3rd(TRPG)が主成分。咲(特に鶴賀)が副成分な、趣味丸出しのブログ。 当ブログではダブルクロスに対する質問や考察の募集をしております。ダブルクロスでまどか・マギカステージ展開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神我狩について その2「称号」

オンリーコンただ今キャンセル待ち中、神我狩の称号について。




称号について。
・所謂クラス。これによって系統や戦闘能力値修正や取得できる《タレント》が決められる。
・「アークスレイヤー」「ドラゴンキャリア」「ダークハンター」「エレメンタルアデプト」「エルダーメイジ」「デジタルソーサラー」の6つにそれぞれAタイプとBタイプがあり計12種類。
・10種類の中から2つ選び、片方を「メイン」に選択する。メインによって系統や戦闘能力修正値が決まる。
・主に物理攻撃に適した「戦闘系」、主に魔法攻撃に適した「魔導系」、どちらもそれなりで補助に適した「汎用系」。
・「戦闘系」でもアークスレイヤーよりドラゴンキャリアのほうが補助寄りで、「魔導系」でもエルダーメイジよりデジタルソーサラーのほうが補助寄り。その代わりアークスレイヤーはドラゴンキャリアより物理戦闘に優れた能力を有し、エルダーメイジはデジタルソーサラーより魔法戦闘に優れた能力を有している。
・装備によっては系統や称号の制限がある。
・同じ称号の同じタイプを選択できない。「アークスレイヤーA」と「アークススレイヤーB」は選択できても、「アークスレイヤーA」と「アークスレイヤーA」は選択できない。というか、重複できてもメリットが一切なくデメリットしかない。
・称号及びタイプによって特定のアイテムを装備していないと《タレント》を使用できない。
・称号によってコストに特定の出目が必要になるので、同じ称号や高い出目がコストそして必要になる称号を取るとタレントが使いにくくなる。


(以下の考察は初期作成で取得できないタレントについては考慮していません。あと前回言い忘れましたが種族についても同様です)
アークスレイヤーA
・「戦闘系」、出目は4、タレント使用には武器の装備が必要なので実質使用制限なし。
・接近して物理攻撃する事に特化し攻撃性能は高い。
・自動取得タレントをどれだけ連発できるかが鍵。

アークスレイヤーB
・「戦闘系」、出目は4、タレント使用には武器の装備が必要なので実質使用制限なし。
・前線での回避や妨害などに特化している。
・回避性能が高ければより活かせる称号。

ドラゴンキャリアA
・「戦闘系」、出目は5、タレント使用には装飾が必要ので制限は軽い。
・アークスレイヤーより与えられるダメージは低いが、タフで相手の防御性能を落としたりもできる。
・自動取得タレントの特性上、回復や魔法攻撃でも効果を発揮できるのでメインを魔法系にするのもアリ。

ドラゴンキャリアB
・「戦闘系」、出目は5、タレント使用には装飾が必要ので制限は軽い。
・物理攻撃や魔法攻撃に対する防御に特化し、仲間も庇うこともできる。
・それなりに強力な魔法攻撃も取得できるので、ドラゴンキャリアA同様メインを魔法系にするのもアリ。

ダークハンターA
・「汎用系」、出目は2。タレント使用に装備制限は無し。
・低い出目でタレントを使える上に全体的にコスト準備が容易。
・豊富な移動や行動手段で攪乱させるのが得意。

ダークハンターB
・「汎用系」、出目は2。タレント使用に装備制限は無し。
・攻撃強化タレントが一切ない。
・ターンの始めでの移動や行動値を上げるタレントが豊富で、自分たちが有利な状況を作りやすい。

エレメンタルアデプトA
・「汎用系」、出目は3。タレント使用に装備制限は無し。
・攻撃や攻撃補助のタレントには属性が付くので相手によって有利不利になる場合があるが、初期で取れるタレントでは属性に大差はない。
・戦闘している敵すべてに攻撃をできるタレントを初期から使える。

エレメンタルアデプトA
・「汎用系」、出目は3。タレント使用に装備制限は無し。
・Aタイプ同様補助や攻撃に属性が付く、ただしBでは属性により初期で取れるタレントが強化されるので考えて属性を決める必要がある。
・相手の複数対象攻撃を一人でひきつけるタレントを初期から使える。

エルダーメイジA
・「魔導系」、出目は6。タレント使用に魔法武器装備必要だがメインなら問題ない。
・自動取得タレントも含め魔法戦闘をする際に強力なタレントが揃っているが、「6」を必要とするのが多く悩ましい。
・魔法攻撃の対象を増やせるので回復役としても重宝されるが、コストの関係上Bとの相性は限りなく悪い。

エルダーメイジA
・「魔導系」、出目は6。タレント使用に制限がない。
・攻撃タレントが一切ない。
・回復や補助が多く、コストも全体的に重いが、装備制限がないのでサブに適している。

デジタルソーサラーA
・「魔導系」、出目は1。タレント使用が称号専用武器なので条件がやや厳しい。
・タレント使用制限の関係上、魔導系や汎用系になり前衛には適さない。Bタイプも同様。
・必要な出目が「1」である上に自分の手番以外でも容易に使えるタレントが多いので、判定を有利に進めやすい。

デジタルソーサラーB
・「魔導系」、出目は1。タレント使用が称号専用武器なので条件がやや厳しい。
・攻撃タレントが一切ない。
・エルダーメイジB同様回復や補助が多い、こちらは初期ではコストとして「1」と「ゾロ目」が多く戦闘前での準備がやや難しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://26zeffiris.blog4.fc2.com/tb.php/409-92356a59

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

T-H

最近の記事

フリーエリア

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。